CREATOR INTERVIEW

  • vol.001

  • 45 a.k.a. SWING-O

  •  
 

俺自身の素性をTシャツが先に説明してくれる感じが好きです。
レアドロップスを着ることはSOULミュージックを着るということです。

 

── CREATOR INTERVIEW記念すべき第1回目は、プロデューサー、コンポーザー、ピアノプレイヤーの『45 a.k.a. SWING-O』さん (以下敬称略)をお迎えしてお送り致します。
それでは、宜しくお願いします。

45 a.k.a. SWING-Oよろしくです。

── 少し遅くなりましたが、改めましてNEW ALBUM『Stop! Look! Listen!』リリースおめでとうございます。

45 a.k.a. SWING-Oありがとう。

── NEW ALBUMの聴き所、こだわった点などがあればお聞かせ下さい。

45 a.k.a. SWING-Oここ最近、自称『SOUL大学助教授』と名乗ってるわけだけど、それにふさわしいアルバムが出来たと思います。
特に今回はライブ感を意識して作りましたね。

結果ドラム、ベースを生で録った楽曲がほとんどになり、サンプリングのみで作るトラックメーカー、クラシカル/ジャジーなメロウヒップホップとは一線を画した土臭い作品になったと思います。

録音から仕上げまでほとんど自分でやってみたんだけど、結果この独特の「古臭く新しい」感じを出せたかなと。

既に海外からの反応も多く、特にUKではBBCラジオでヘビープレイされたり、コンピレーションに選曲されたりしてます。

そんな日本発信のSOULミュージックをこのアルバムで是非みんなにも体感してもらいたいなと思ってますね。

── レアドロをご覧の皆さんにも、是非聴いていただきたいアルバムですね。
さて、SWING-Oさんはソロ以外にも、様々なアーティストのプロデュース、サポート等を行っていると思いますが、
その中でも、特にオススメしたいアーティストがいれば教えて下さい。

45 a.k.a. SWING-Oどの現場でも自分らしさは出せてると思うんだけど、そうね、自分もメンバーである、椎名純平がボーカルのDezille Brothersなどは日本屈指のSOULバンドだと自負してます。

他、サポートしてるシンガーだと福原美穂、彼女の歌詞と歌は素晴らしいね。
歌の巧さはご存知な人も多いだろうけど、彼女の歌詞に注目してみるのもお勧めですね。

── 福原美穂さんの歌詞、チェックしてみます。
さて先程も話題に上がった「SOUL大学」というワード。
今後の展望・野望などがあれば教えて下さい。

45 a.k.a. SWING-O「SOUL大学」というキーワードを掲げることで、一般の人にも黒い音楽の魅力を伝えられればいいな、ということで自称が始まりました。ある種歴史学だからね。

「こんなことがあって、こういう人がいて、こういう音楽が生まれて、そして身近なこんなところにも影響を及ぼしてるんだよ!」という大きな流れで今の自分を捉えることができたら面白いよ。そんな歴史学を伝授していきたいですね。

── さて、今回リリースした『LITTLE KEY』Tシャツですが、デザインをする際のこだわり、意識した事などがあれば教えて下さい。

TEE

45 a.k.a. SWING-Oそもそもは、自分の所属するorigami PRODUCTIONSの月刊CD"laidbook"の為に何か絵を描かなきゃいけない、という必要に迫られて、というのが絵を描くきっかけです。

敢えてマウスで描くことで線のユルさがある種のアナログ感にもなることに気づき、このスタイルになった訳です。今回のピアニカもその手法で描きました。
このシンプルな楽器がポップに見えるように気をつけてデザインしましたね。

── ところで、SWING-Oさんがレアドロップスを知ったのは、いつどんなきっかけですか?

45 a.k.a. SWING-O誰かのBLOGで『Isley BrothersのTシャツ入手!』というのを見かけて、調べたらたどり着いた。
そして、ふたを開けたら色んなところで繋がっていた(笑)

── 本当に、色々と繋がっていましたね(笑)
SWING-Oさんとは、結構長い付き合いになりますが、なかなか褒められる事がないので(笑)この場を借りて質問してみます。
レアドロップスの良い所や好きな所があれば教えて下さい。

45 a.k.a. SWING-Oコピーにもあるように、音楽それもSOULな音楽にリンクしたものばかりなのがいいね。
俺自身の素性をTシャツが先に説明してくれる感じが好きです。
こんな感じでいいかい?(笑)

── バッチリです!!(笑)ありがとうございます!!
逆に悪い点があれば教えて下さい。

45 a.k.a. SWING-Oわざわざそれを聞く?
そうね、ブランドとして、じゃなくて単純に好きなデザインのものと好きじゃないデザインのものがある、てくらいかな。
別にレアドロップスに限らずどこでもあることだけどね。

── レアドロップスのアイテムの中で、お気に入りのモノがあれば教えて下さい。

45 a.k.a. SWING-OFCUKをもじったFUNK Tシャツとか、Burger KingをもじったBoogie King、などのシャレ系が好きだね。

TEE

── こんなアイテムがあれば良いのに!というリクエストはありますか?

45 a.k.a. SWING-O更に色んなコラボシリーズがあってもいいかもね。
俺らの周りにはライブペイントが素晴らしい奴もたくさんいるし、素晴らしいミュージシャン/DJも沢山いるしね。
何かビックリする発想のコラボ企画を期待します!

── 実は今「ムフフ」なコラボが進行中なので、ご期待下さい!!
それでは最後に、レアドロップスをご覧の皆さんに一言いただけますでしょうか?

45 a.k.a. SWING-Oレアドロップスを着ることはSOULミュージックを着るということです。
あと、シャイなあなたには、会話のきっかけとなるはずです!笑

── 非常に嬉しいお言葉、ありがとうございます!!
貴重なお時間をいただき、今日は本当にありがとうございました。

 

45 a.k.a. SWING-O
黒い現場にこの男あり!70年代ソウルフレーヴァに日本人的感覚が融合したサウンドと圧倒的な鍵盤さばきでシーンに新風を吹き込む鍵盤奏者。

今話題の音楽レーベルorigami PRODUCTIONSの中心人物にして、CHARA、福原美穂、Zeebra、近藤房之助、DJ Kawasakiなど様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュースする(参加したアルバムは100枚以上!)ほか、2011年には椎名純平(vo)、竹内朋康(gt)らとSOULバンドDezille Brothersを結成するなど、様々な音楽活動を通し、100枚を超えるアルバムへの参加で黒い音楽普及にアグレッシブに挑んでいる。

2011年12月7日には45として3作目となるアルバム”Stop!Look!Listen!”をリリース、英BBCラジオでヘビープレイされるなど各所で話題となっている。